前へ
次へ

賃貸管理を専門業者に任すときの注意点

マンション経営で鍵を握るのが賃貸管理です。賃貸管理ではマンションのオーナーに成り代わってマンションに関する様々な業務を行なうことを目的としており、近年ではそれを専門とする業者も数多く展開されています。そんな賃貸管理を専門業者へ任す場合の注意点としては、手数料とサービスの両面をチェックすると言うことです。賃貸管理を専門業者に依頼した場合には、所定の手数料が発生します。このため多くの人はできるだけ手数料の安い専門業者を選びがちになりますが、これは誤りです。手数料が安い場合はサービス内容も限定的になる恐れがあります。例えば入居者の募集のみの対応や入居者からの集金業務のみの対応、などのように限定されることとなります。逆にマンション業務のあらゆる業務について専門業者に依頼するとなりますと、手数料もそれなりに高くなりますので、提供されるサービス内容と手数料を天秤にかけて決めていくことが重要となります。

Page Top