前へ
次へ

賃貸経営における賃貸管理の重要性

景気は回復基調にありますが、異次元の金融緩和は継続されていますので、預金から利息収入を得ることは期待できません。また、国の財政は改善の兆しがありませんので、年金を老後の生活の基盤に据えることが難しくなっています。その一方で、平均寿命が伸びたことにより、老後に必要となるお金はこれまで以上に増えています。宝くじでも当たらない限り、老後の生活が大変になることが目に見えています。そこで、自分で投資を行うなどの資産活用を行ってお金を殖やすことが必要になっています。その一つの方法として、アパートやマンションを賃貸経営して家賃収入を得ることがあります。健全な運営ができれば、毎月安定した家賃収入が長期に渡って得られることができ、安定した収入源となります。賃貸経営を行っていく上で必要不可欠な事項が賃貸管理です。賃貸管理には、入居者管理、建物管理、資金管理に大別されます。入居者管理は、毎月の賃料の管理、入居者からの苦情への対応、契約違反事項があった場合の対応があります。賃貸期間を更新する場合には、更新の手続き、退去の場合には退去時の立ち会いも必要となります。さらには、修繕箇所の確認やその対応、賃料や敷金その他の費用等の精算を行い、新たな入居者募集を行います。建物管理においては、建物の清掃やメンテナンス、設備の修理はもちろんですが、長期的には建物のリフォームも視野にいれなければなりません。これに備えて、リフォーム費用の積み立ても必要になります。それも含めて必要となるのが資金管理です。賃料の収支管理を行い、家賃収入に係る納税のための準備も必要です。これらの管理を個人ですべて実施するのは難しいので、専門の業者に委託する方が合理的です。特に賃貸経営で困るのが空き室リスクです。せっかくの不動産を収入源にするためには、切れ目なく入居者が入っていくことが前提です。新しい入居者募集も大々的に行ってもらった方が効率的です。

古宇利島 ホテル
那覇空港から車で約90分、沖縄古宇利島にあるプライベートホテルヴィラ【Yuki Suite Kourijima】

https://www.yachikoumuten.com/
平塚市で工務店をお探しなら谷地工務店にご相談ください

Page Top