前へ
次へ

賃貸管理の種類は、メリットとデメリット

賃貸管理の種類は、主に三つの内容があります。1つ目は自主管理、2つ目は委託管理、3つ目はサブリースです。従来は、不動産会社に仲介だけを依頼して、大家が自主管理する傾向が多くありました。現在の賃貸管理は、委託管理とサブリースが増えている傾向にあります。自主管理のメリットは、自分で費用を考えながら行えるため、最大の家賃収入を得られる可能性のメリットもあるでしょう。ただし、借り手の傾向として、管理会社が入っている方が安心しやすく、入居率が高まりやすい傾向にあります。トラブルなどが発生した場合、管理会社だとすぐに対応に応じてもらいやすく、信頼されやすい姿もあるためです。賃貸管理のサブリースは、契約期間の間、一括で借り上げ続けてくれる契約です。空室率が極端に下がった場合でも、家賃収入を得られる内容ですが、条件がある場合も多く、条件に合わなければ収入が減る可能性について押さえておかなければなりません。置かれている環境によっても様々であり、どれが一番良いとは言い切れず、実際を想定したシミュレーションを行うのもお勧めです。

Page Top